解約110番 〜 解約したい! 退会できない! 節約したいあなたの悩みを即解決します

解約したい! 退会できない! あなたのお悩みスッキリ解決いたします。

大阪ガスの都市ガスを解約する方法【かんたん】

      2018/06/18

こんな あなた におすすめ

  1. 引っ越しが決まった大阪ガスを解約する方法をくわしく知りたい
  2. 大阪ガスの解約はいつまでに連絡すればいいのか知りたい
  3. 大阪ガスへの電話がつながらないときの対処方法を知りたい

大阪ガスとは

大阪ガスは近畿地方に都市ガスを供給しています

大阪ガス(おおさかがす)は近畿地方を営業区域とする都市ガス事業者です。

家庭に供給するガスの、製造から供給までを一貫して行っている大手ガス事業者です。

エネルギー自由化をきっかけに、大阪ガスからDaigasグループへとブランド変更しています。

都市ガス自由化とは

長い間、一般家庭が都市ガスの供給を受ける場合に、契約できる都市ガス会社は地域ごとに決められていました。

しかし、電力の自由化に続いて2017年4月にはじまった都市ガス自由化によって、一般家庭でも、複数の都市ガス会社から選べるようになりました。

大阪ガスも、数多くある都市ガス小売事業者のひとつとして、新規参入事業者と競い合う位置づけになっています。

解約するために準備するものは

契約を特定できる情報を準備しましょう

スムーズに解約するためには、大阪ガスとの契約内容を特定できる情報をあらかじめ準備しましょう。

具体的には、下記のような情報が準備できているとスムーズに解約できるでしょう。

  • ガスを利用している住所
  • 契約者名
  • ご使用番号
  • 現在の契約プラン

これらの情報は、毎月のご使用量のお知らせ(検針票)に記載されていますが、見つからない場合も安心してください。

少々手間と時間はかかりますが、解約できないということはありません。

引っ越しなどで都市ガスを解約する手続きは

ガスの供給を止める「ガス使用中止手続き」が必要です

引っ越しなどで、大阪ガスの都市ガスを解約したい場合は、ガスの供給を止める手続きが必要です。

大阪ガスでは、解約の手続きを ガスの使用中止と呼んでいます。

都市ガスの停止は引っ越しによるものが多いので、引越し先も大阪ガス提供エリアの場合は、ガスの解約と、引っ越し先の利用開始申込みを同時に手続きすることもできます。

ガスの解約はインターネットで1日前まで申し込みできます

大阪ガスへの都市ガスの解約手続きは、インターネットで申し込みできます。

インターネットなら、通常1営業日前まで解約の申込みができますが、日程が決まった時点で早めに申し込みしておきましょう。

ガスの解約はカスタマーセンターへの電話でも申し込みできます

大阪ガスへの都市ガスの解約手続きは、電話でもできます。

検針票に記載されているカスタマーセンターへ連絡しましょう。

とくに、解約希望日まで1営業日を切っている場合には、電話による受付のみになります。

引越しシーズンは電話が込み合ってかかりにくいので、可能な限りインターネットからの解約手続をオススメします。

大阪ガスを解約するときの注意点

ガスの元栓を締めるだけでは解約になりません

引っ越しなどで都市ガスを使用しなくなる場合は、かならず大阪ガスへの連絡が必要です。

ただ元栓を締めるだけでは、ガスは止まりますが、契約は続いたままになり、ガス料金が請求され続けることになりますので、注意しましょう。

料金プランによっては短期間解約後の再契約ができない場合があります

都市ガス自由化以降に始まった新料金プランで契約している場合、解約後の一定期間は同じプランで契約できない場合があります。

ガス会社の切り替えをする場合は解約手続き不要です

ガスを使用する場所はそのままで、大阪ガスから、他の都市ガス会社に切り替える場合、他の都市ガス会社へ切り替わるタイミングで、今の契約は自動解約になるので、解約手続きは不要です。

誤って解約してしまうと、乗り換えがうまくいかなくなることがあるので、気をつけましょう。

引っ越しは都市ガス料金見直しのタイミング

大阪ガスの新料金プランや他の都市ガス会社も比較してみましょう

エネルギー自由化により、大阪ガスも新しい料金プランを提供しています。

また、大阪ガス以外のガス会社も割安な料金プランや、ガスと電気、ガスとインターネットとのセット割など、多彩な料金プランを提供しています。

引っ越しの機会に、都市ガス料金の見直しをしてみる事をオススメします。

【公式】Daigasグループ
http://www.osakagas.co.jp
お願い 記載されている内容は調査当時のものです。必ずしも最新の情報とは限りませんので、契約内容や手続きについての詳細はご自身で直接ご確認ください。

 - 電気・ガス