解約110番 〜 気持ちよくサヨウナラ

解約は単純にできると思ったらオオマチガイ。

NHKを解約する方法【難易度:高】

      2016/03/08

見たい番組が無い、引越しする、料金が高い、しつこい訪問でサインしてしまったなど、NHK解約の理由は様々だとおもいます。気持よく解約するために、スムーズな解約方法をお教えしています。

NHKとの契約は放送法で定められている

NHKの放送を受信できるテレビを設置した場合には、NHKと放送受信契約を結ぶことが放送法で定められています。

放送法 (受信契約及び受信料)第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

現実問題として、NHKの放送が受信できないテレビは存在しないので、テレビやチューナーつきパソコンに加え、ワンセグ携帯でも受信料の支払いが必要なのです。

解約でには条件がある

NHKの受信契約を解約できるのは、以下の場合です。

テレビを設置した住居に誰も居住しなくなる場合や、廃棄、故障などにより、放送受信契約の対象となるテレビがすべてなくなった場合は、NHKにご連絡ください。
こうした場合以外は、放送受信契約の解約はできません。

たとえば、テレビを処分したり、誰かにあげた場合には、NHKに連絡して契約を解除し、請求を止める必要があります。

解約の手続はハードル高い

解約手続きは NHKへの電話連絡が必要です。

放送受信契約の受付
フリーダイヤル0120-151515
受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝日は午前9時~午後8時)
・12月30日午後5時~1月3日はご利用いただけません。

テレビが1台もなくなったため、受信契約を解除したい旨を伝えてください。
NHKが解約を認めているのはテレビがすべてなくなった場合のみですので、面白くないとか経営方針が気に入らないなどの理由では解約できませんのでご注意を。
また、TVが本当に無いのか、スマホやカーナビは無いのかなど、粘られる例も見られます。
電話連絡の後、所定の届出書を提出、NHKで届出書の記入内容を確認し、受信契約が解約されます。
なお、届出の前月までは、放送受信料の支払いが必要です。

 - NHKの解約 , , ,