解約110番 〜 解約したい! 退会できない! 節約したいあなたの悩みを即解決します

解約したい! 退会できない! あなたのお悩みスッキリ解決いたします。

30日間無料体験だけで解約できる? Amazonプライムビデオを解約する方法 【難易度:かんたん】

      2018/05/25

»こんな人におすすめの情報です

  1. Amazonプライムビデオを解約する具体的な方法を知りたい
  2. Amazonプライムビデオを30日の無料体験だけで解約することができるのか知りたい
  3. 送料やキャンセル料などAmazonプライムを解約するデメリットを知っておきたい

Amazonプライムビデオとは

映画やTV番組が見放題になるamazonプライム会員むけのサービスです

アマゾンが提供する動画配信サービス Amazonプライムビデオ は、大ヒット映画や人気のTV番組がいつでも無料で楽しめるサービスです。

スマートフォンやタブレットはもちろん、FireTVやFireTV Stickをテレビにつなぐと、大画面でも楽しめます。

アマゾンプライムビデオとAmazonビデオは違います

Amazonプライムビデオは、アマゾンの提供する動画配信サービス Amazonビデオ のプライム会員向けサービスです。

プライムビデオではないAmazonビデオには、購入レンタル、2種類の視聴方法があります。

1作品づつ購入する購入の場合は、いつでも好きな時に楽しめて、視聴期限はありません。

レンタルの場合は、再生を開始してから48時間や7日間など、作品ごとに決められた視聴期限まで視聴することができます。

この、Amazonビデオの購入とレンタルに加えて、プライムビデオの対象作品が見放題になるのが、Amazonプライムビデオです。

Amazonプライムビデオは解約できない?

Amazonプライムビデオだけを解約することはできません

このAmazonプライムビデオですが、その名の通り有料のAmazonプライムを契約していないと利用できないサービスです。

Amazonプライムビデオは、Amazonプライムの数ある特典の一つなので、Amazonプライムビデオだけを解約することはできないわけです。

Amazonプライムビデオは30日間の無料体験ができます

ゴールデンウィークや年末年始など、長期休暇中にAmazonプライムビデオを見てみたいという人も多いと思います。

Amazonプライム・ビデオを利用するには、有料のAmazonプライムに入会する必要があります。

Amazonプライムは、30日間の無料体験をすることができ、無料体験期間中でもすべてのサービスを利用できます。

30日以内の体験期間中に解約すれば、Amazonプライムの年会費はかかりません。

無料体験期間が終了すると、有料のAmazonプライム会員に自動更新されて、年会費がかかります。

Amazonプライムを解約するには

すぐに次年の自動更新を止めておくのがおすすめです

Amazonプライムは1年間の有料会員制度なので、途中で解約しても年会費は戻ってきません。

年の途中で解約するともったいないことになりますね。

そのため、解約したい場合には、次の1年間は有料会員を継続しない という手続きをすることになります。

Amazonプライム会員は1年ごとに自動更新されるので、自動更新をやめたい場合は、手動で自動更新を停止する必要があります。

Amazonプライムの自動更新を停止するには、
Amazon.co.jpのアカウントサービスから、Amazonプライム会員情報を管理するにアクセスし、自動更新しないをクリック、次に表示される画面で会員資格を継続しませんをクリックします。

今のうちにこの設定をしておくと、Amazonプライムビデオはもちろん、お急ぎ便Kindleオーナーライブラリなどのプライム会員特典をギリギリまで使い続けることができて、期間が終了すると自動で無料会員に戻ります。

翌年1年間の有料登録をしないことを決めているなら、忘れないうちにやっておきましょう。

有料会員資格の自動更新前に、お知らせメールを受信することが可能です。

Amazonプライムの解約を忘れていても大丈夫

プライム会員の特典を一切つかっていないなら自動更新後でも解約OKです

Amazonプライムの自動更新停止を忘れてしまうと、Amazonプライムの有料会員が1年間自動更新されます。

Amazonプライムは1年契約ですから、向こう一年間はAmazonプライムの有料会員として特典を受けることができ、途中で解約しても年会費は返金されません。

有料会員へ自動更新されてしまったら、あきらめてAmazonプライム会員のメリットを受けたほうがお得でしょう。

ただし、例外があります。

Amazonプライムの有料会員に自動移行されたあとに、「Amazonプライム」の特典を1度も使っていない場合には、Amazonプライムを解約すると、年会費が返金されます。

有料会員資格を終了するには、Amazon.co.jpのアカウントサービスから、Amazonプライム会員情報を管理するにアクセスし、会員資格を終了するをクリック、次に表示される画面で会員資格を終了しますをクリックします。

なお、更新されたあとに、Amazonプライムビデオはもちろん、お急ぎ便やオーナーライブラリなど、プライム会員の特典を1度でも使っていると、年会費の返金はありませんので注意しましょう。

Amazonプライムの無料体験だけでも解約できる

30日間無料体験だけで解約することもできます

Amazonプライムビデオは、映画やアニメ、ドラマが見放題なうえに、Amazonでしか見られないオリジナルのコンテンツも充実しています。

30日間無料体験を申し込んでも無料期間内に解約すれば、1円もかからずに、プライムビデオのコンテンツが見放題です。

無料期間だけで解約する予定なら、Amazonプライムビデオの30日間無料体験を申し込んだ直後に、自動更新をしない設定をしておきましょう。

30日無料体験から有料会員への自動更新を停止するには、
Amazon.co.jpのアカウントサービスから、Amazonプライム会員情報を管理するにアクセスし、自動移行しないをクリック、次に表示される画面で会員資格を継続しませんをクリックします。

いますぐこの設定をしておくと、いつのまにかプライム年会費が請求されることはありません。

Amazonプライムビデオはもちろん、お急ぎ便Kindleオーナーライブラリなどのプライム会員特典をギリギリまで使い続けることができて、期間が終了すると自動で無料会員に戻ります。

Amazonプライムビデオの無料体験は、ノーリスクなので、いちど体験してみることをオススメします。

【公式】 Amazonプライムビデオ
https://www.amazon.co.jp/gp/video/storefront/
お願い 記載されている内容は調査当時のものです。必ずしも最新の情報とは限りませんので、契約内容や手続きについての詳細はご自身で直接ご確認ください。

 - Amazon ,