解約110番 〜 気持ちよくサヨウナラ

解約は単純にできると思ったらオオマチガイ。

Softbank光を解約する方法【難易度:高】

      2016/03/08

印鑑

Softbank光はソフトバンクの光コラボインターネットサービス

Softbank光はNTT東日本/NTT西日本の光ファイバーサービス「フレッツ」を使った、インターネット接続サービスです。
Yahoo!BB 光withフレッツやフレッツコースのように、回線事業者がNTT東日本/NTT西日本で、プロバイダーがYahoo!BB(ソフトバンク)と契約が分かれているサービスが中心でしたが、SoftBank光の場合、回線事業者とプロバイダーが両方ともソフトバンクとなり、回線利用料とプロバイダー利用料の請求が一緒になります。
すでにNTT東日本・NTT西日本の提供しているフレッツ光を使っている場合でも、SoftBank光に契約変更することができ、この手続きを転用(てんよう)といいます。

Softbank光を解約できるチャンスは2年に1度だけ

Softbank光は、2年契約が2年ごとに自動更新される「自動更新ありプラン」が基本です。
解約ができるのは24ヶ月後の1ヶ月間だけです。それまでに解約すると、解除料として9500円が請求されます。
また、24ヶ月目の月に解約しないと、再び24ヶ月契約になるので、次に解約できるのは48ヶ月目ということになります。

自動更新ありプランの解除料について
SoftBank 光の契約期間は2年間(課金開始日の属する月を1ヵ月目として24ヵ月目の末日まで)です。解約のお申し込みがなかった場合、更に2年間を契約期間として更新します。SoftBank 光を契約期間満了の月以外で解約した場合、9,500円の解除料をソフトバンクに対しお支払いいただきます。解除料は最終の月額利用料金に加算して請求させていただきます。
http://www.softbank.jp/ybb/sbhikari/price/

携帯電話の長期契約プランとよく似ていますが、Softbank光の場合はスマートフォンのように毎日目にする端末があるわけではないので、そろそろ変更しようかなと思い出すタイミングがなかなかありません。
Softbank光の解約を考えている人は、あきらめて違約金を払うか、手帳やGoogleカレンダーなどに今すぐ記録しておきましょう。

Softbank光の解約は電話受付のみ

Softbank光の解約は、現在サポートセンターへの電話問い合わせのみとなっています。
Webからの申請や郵送、ソフトバンクショップで解約することはできません。

Softbank光の解約は 0800-111-2009 へ電話

SoftBank 光 サポートセンターは、SoftBank 光にお申し込み後お問い合わせ受付窓口です。
SoftBank光サポートセンターへ電話をかけて、解約したい旨を伝えましょう。

電話 (186) 0800-111-2009 (通話料無料)

Softbank光に登録している電話番号から連絡する場合は、186をつけて番号を通知してかけるよう案内しています。
受付時間 は 10:00~19:00 (料金についての問合せ受付は平日のみ)です。

なお、SoftBank光サポートセンターは、電話が繋がりにくい状態が続いているようで、twitterなどでも電話が繋がらないという声が多く見られます。

光コラボを解約してもNTTには戻れない

光コラボのサービスへ転用した回線を、NTT東日本/NTT西日本のフレッツや他社の光コラボサービスに再び転用することはできません。
この場合は、解約して、再契約する必要がありますので、工事が必要になり、工事費もかかります。
また、わかりやすいところでは、フレッツからSoftbank光に変更した時には変わらなかったひかり電話の電話番号は、解約してしまうと変更になります。

引っ越しなどで解約する可能性があるなら Softbank光の契約は要注意

Softbank光に限らず、光コラボ型サービスにはメリットも多いですが、解約時に注意すべき点もあります。
通信サービスはクーリングオフ制度の対象にもなりません。
契約の時にはよく考えて、十分注意しましょう。

 - プロバイダーの解約 , , , , , , ,